東京都渋谷区 外来診療(整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・肩こりの外来)、訪問診療、在宅医療のアットホーム渋谷クリニック

アットホーム渋谷クリニック

リハビリテーション科

当院のリハビリテーション

当院のリハビリテーションは専門の理学療法士・作業療法士による個別に行うリハビリテーションを特徴としています。主に筋・骨格系の異常のある患者様に対して運動療法・機能訓練を行います。

疾患によって生じた痛みや歩行障害、身の回りの動作に生じた障害に対して、疼痛を改善して失われた機能の回復を促すとともに、残存機能を最大限に伸ばすための治療を行い、患者様の生活の質の向上を図ります。

治療の対象となる疾患は変形性関節症、脊柱管狭窄症、頚椎捻挫、骨折、外傷といった整形外科疾患が中心ですが、脳血管疾患などリハビリテーションを必要とされるすべての症状に対応致します。

リハビリの適応となる症状

日常生活に支障がある腰痛、首の痛みや肩こりなど

関節の痛み・変形・可動域制限

交通事故による鞭打ち、ねん挫などの外傷

思うように運動ができない(スポーツで体を痛めたなど)

歩くことができない

食事や着替え、トイレの動作など身の回りの動作ができない

麻痺や筋力の低下があり動作が悪くなった

など・・・

リハビリ科 スタッフ紹介

理学療法士 常勤 7名   平成30年4月現在

リハビリテーション科とは

リハビリテーションは、
「リ=再び、ハビリテーション=適応すること」
といいまして、病気やけがで生じた障害をできるだけ少なくして、残された能力を最大限に活用し社会復帰することを意味します。

「病気を治す」というよりも「障害を克服する」と言った方がよいかもしれません。リハビリテーションは、安静臥床により引き起こされる数多くの「寝たきり」を予防し、日常生活活動をできるだけ早期に獲得することを目指します。

スタッフ一同、少しでも効果の上がるリハビリを行ない、失われた機能を取り戻すべく日々努力したいと考えています。また、リハビリは患者さんご自身のやる気と同時にご家族の援助や協力が絶対に必要です。生き甲斐を持って生活できるように患者さんを支え、ご家族をサポートすることがリハビリ医療に携わるものの使命であると確信しています。

当院では来院された方をリハビリテーション専門医が診察させて頂き、病気そのものに対して薬を調合したりすると共に理学療法士・作業療法士・等のリハビリテーション専門職による評価や訓練を行わせて頂きます。

また、在宅療養でお困りの方のご相談にも積極的に応じています。

当院のリハビリについて

当院には個別リハビリ物理療法と呼ばれる2つの枠組みがあります。

※保険診療でリハビリテーションを行うことができます。

個別リハビリ(運動療法)

個別リハビリは医師の指示のもと、患者様の症状に合わせてセラピスト(理学療法士)がマンツーマン(1対1)で治療や評価を行います。
個別リハビリは完全予約制となっております。
お電話でもご予約を承っていますので、お気軽にお問い合わせください。

※ リハビリを始めるにあたっては、医師の診察が必要です。また、リハビリを行っている間は月に一回医師の診察が必要になります。

外来予約受付

※受付時間9時~18時迄

腰痛の治療

腰痛の治療を行っている場面です。筋・筋膜、骨・関節の機能障害を軽減させます。
腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、脊椎側彎症、腰部の手術後などに対応致します。

肩関節の可動域を確認

肩関節の可動域を確認している場面です。
肩関節周囲炎(五十肩)、骨折後、腱板損傷などの可動域制限において最適な治療プログラムを検討致します。

頚部から肩甲骨周りの痛みを確認

頚部から肩甲骨周りの痛みを確認している場面です。
肩関節の骨折や手術後、肩関節脱臼後、胸郭出口症候群、頚部椎間板ヘルニアなどの痛みや痺れに関しても最適な治療プログラムを検討致します。

物理療法

物理療法機器(温熱、電気、牽引、超音波、赤外線)を用い疼痛や関節拘縮、骨折後の治療など症状に合わせて行います。 物理療法のみのご利用に関してはご予約の必要はございません。
早期回復に向け、ご都合の良い診療時間内(平日9:00~18:00)に、可能な限りお越し下さい。 尚、物療療法は医師の指示に基づいて行われます。患者さまご自身で選択することは出来ませんのでご了承下さい。

*ご注意

物理療法の機器には各々の特徴があります。手術後や外傷の程度、持病をお持ちの方や妊娠中の方には使用できない場合もございます。何かしら心配に思われましたら、お気軽に医師やリハビリスタッフへご相談ください。

物理療法の機器紹介

超音波治療

超音波治療

肩関節周囲に超音波治療を行っている場面です。(肩、肘、手、股、膝、足など各部位への治療が可能。)
疼痛の緩解、微小マッサージ作用、筋肉痛及び関節痛の軽減が可能です。
(伊藤超短波社製US-711 HPより一部写真引用)

多重骨折や難治性骨折やねん挫などにも、効率的な治療が行えます。
低出力パルス超音波の音圧効果により、骨折部位の骨の形成を促進し、骨癒合期間を約40%短縮できます。 1日1回20分の使用をお勧めしております。
(伊藤超短波社製オステオトロンV)

電気治療

徒手理学療法や運動療法とのコンビネーションを念頭に、小型の電気治療器を用います。
・TENS…痛みを鎮静させるモード
・EMS…筋肉を刺激し、運動を促すモード
・MCR…損傷部位の治癒を促進させるモード
3つの電気刺激モードと、各モードを組み合わせて治療ができるシーケンシャル機能を搭載しております。
目的に合わせた多彩な設定ができ、治療の幅が広がります。
さらに2CH完全独立出力により、症状に応じた治療が可能です。
(伊藤超短波社製エスパージ HPより一部写真引用)

乾式ホットパック

乾式ホットパック

乾式ホットパックにて肩や腰を温めている場面です。 患部の循環を高め、軟部組織の伸張性を向上させます。
(ミナト医科学株式会社製ミナホットMH-20)

その他の機器紹介

平行棒

手すりに掴まって、バランスや歩行 の練習を行います。松葉杖歩行練習 の模擬練習にも使用します。

求人情報

外来診療

整形外科
リハビリテーション科
肩こり・腰痛外来
リウマチ科

当院について

外来勤務表
スタッフ紹介
院内フォトアルバム
外来診療Q&A

在宅医療

在宅医療
訪問リハビリ対応エリア

診療時間のご案内

受付時間 17:30まで
診察時間

<月〜金>

午前9:00~12:00
午後13:00~18:00
休診日 土曜日・日曜日・祝日

診察終了時間の30分前までに診察受付をお済ませくたさい。


診療科目

整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科


初診の方へ

初診の場合、以下のものをご持参ください。

○ 健康保険証、各種医療証 ○ お薬手帳、または服薬中のお薬 ○ 他院からの紹介状があれば

交通事故、労災の場合は、受付時にお申し出ください。

○ 各種保険取扱・労災認定


アットホーム渋谷クリニック

東京都渋谷区渋谷3-7-1
第1ヒラゼンビル3階4階

03-3797-3232【電話】
03-3797-3233【FAX】
03-3797-3234【外来リハビリ専用】

理学療法士求人情報
作業療法士求人情報
東京リハビリテーション医療連携機構
アットホーム表参道クリニック
Trigger Point.net


PAGE TOP